戦略的投資パートナーと協力して中国市場に勝つ
IMF(国際通貨基金)が2020年4月に公表した世界経済見通しによると、先進国、新興市場、開発途上国および世界のGDP成長率は、それぞれ-6.1%、-1%、-3%と推定されています。主要経済国が新型コロナウイルスのパンデミックに襲われた後に復元しようとしても、経済学者は、痘苗が世界中で広く利用可能になるまで、消費者の需要はトレンドを低下すると予想しています。投資家はマクロの情勢に対応し、新しいグローバルな投資環境に適応できるアプローチを探しています。

IMFが公表した世界経済見通しのDataMapper (2020年4月)


(データ資源: IMF)

2019年の最初の11か月で、中国の実際に導入された外国直接投資は、前年同期比2.6%増の1億4,390万ドルでした。 The latest figure has not been released by China Ministry of Commerce yet. 最新の数値は中国商務部がまだ発表していません。2020年の最初の5か月の統計はマクロの情勢のマイナスの影響により低下する可能性がありますが、中国のGDP成長力を考えますと、中国は外国企業にとって魅力的な市場であり続けています。


(データ資源:中華人民共和国商務部)

中国当局は、外国企業が中国市場に進入できないようにする市場と資本アクセスの制限を取り消すために多大な努力を払ってきましたが、資金調達と運営上の問題は、ほとんどの外国企業が直面する共通の問題となっています。ですから、戦略的投資パートナーからのサポートは非常に貴重です。

当社の専門知識とグローバルネットワークを組み合わせて、中国の戦略的投資パートナーを取引先に紹介し、取引先が中国市場で勝つことを支援できます。
お問い合わせはこちらからお願いします。 お問い合わせ