中国政府の政策は成功のライセンス取引を促進する
ライセンス取引は、小規模の革新的なバイオ企業の国際化への近道であり、中国の製薬会社が国際的かつ革新的な医薬品をライセンスするためのますます汎用化された方式でもあります。パイプラインのライセンス供与とリスクシェアを通じて研究開発(R&D)の優れた能力を備えた中国の製薬会社と協力することにより、海外の革新的な製薬会社は中国市場を拡大したり、販売目標を達成したり、投資リスクをより効率的に削減できます。

中国の医療システムは特別であり、研究開発や審査、流通や使用法などの多くの要因に制限され、製薬産業はより厳しい規制の対象となっています。それゆえ、さまざまな政策が製薬産業の発展と投資に大きな影響を与えています。医薬品市場のライセンス制度、中国の医薬品優先審査制度と医療保険賠償制度の実施のおかげで、中国の製薬会社の海外ライセンス取引はさらに活躍してきます。

医薬品産業のライセンスシステムの実施とバイオテクノロジーのライセンス導入のおかげで、巨大な投資に多くの資本を費やせずに既存の生産資源の整合をローカライズでき、非生産実体の投入も生産実体しか取得できない収益を期待できるようになります。この実現により、新しいパイプラインを得るためにIP(知的財産権) + CRO(医薬品開発業務受託機関) + VC(ベンチャーキャピタル)のモデルを採用する研究開発機関がますます増えています。中国の医薬品優先審査システムの実施、特に輸入医薬品に関する臨床データの受け入れにより、企業は第II相臨床試験または以前のプロジェクトのライセンスを取得して完了することができ、 無作為比較試験(第III相臨床試験)に参加できます。おまけに、新薬が中国で以前よりも早く発売される可能性があります。希少疾患の海外臨床データの部分的な採用により、中国で最初に発売することが可能になり、国内製薬会社の新薬の認可に対する意欲が高まります。医療保険賠償システムにより、上場後間もなく革新的な医薬品が医療保険の対象となるため、販売実績が保証され、ライセンス取引の悩みが解決されます。また、革新的な医薬品の市場拡大がより活発になります。
お問い合わせはこちらからお願いします。 お問い合わせ